Barakura MastersNice life with the flower

barakura garden image

フラワーショー

投稿日: 2018年6月 28日 投稿者: 長谷川

バラクラフラワーショー
教室毎にブースをもうけ展示しました。
ブルーガーデンでシェードガーデンを作りました。暗い静かな場所だから、シェードプランツで明るくなるように、ベゴニアのスタンドを置きました。
全てシェードで作るのは難しく、家の庭から掘って持って行きました。紫陽花は常備ここにある紫陽花と同じ物を使って統一させています。
フラワーショーがはじまってからお客さまが雨のなか写メをとる方が多かったので嬉しいです。ガーデナーの評判が良いので6/30まで展示して頂くことになりました。
茅野市の市民新聞に載せて頂くことになりました。

フラワーショー

オープンガーデン

投稿日: 2018年5月 16日 投稿者: 長谷川

鴻巣オープンガーデン
日程5/20 9:30~18:00
シュラブ、ペレニアル中心の植栽でこの時期にもっとも美しい葉たちがメインです。
柿の木の下はシェードガーデン。北側はサニーガーデンです。
高齢の母が手入れの要らない事。花を追わないガーデンです。

オープンガーデン
オープンガーデン
オープンガーデン

多肉の寄せ植え

投稿日: 2018年3月 25日 投稿者: 長谷川

深谷教室
多肉植物の寄せ植えです。
色やフォルムの違いを楽しんでみました。

多肉の寄せ植え
多肉植物

白金八芳園

投稿日: 2018年2月 8日 投稿者: 長谷川

白金八芳園コンペ
2/5より7日まで開催でアウトドアを出品しました。
インドアは会場に行くまでに鉢が壊れてしまい出品できませんでした。

コンペ作品
コンペ作品

英国のクリスマス文化のレクチャー

投稿日: 2017年11月 16日 投稿者: 長谷川

11月16日に英国人講師トレーシーさんのセミナーがあり行って来ました。
英国のクリスマアスの文化のレクチャーです。
ケーキや御菓子、飾り付け、のガーラントの作りかたなどです。
クリスマスの鉢植も2個作りました、
玄関に対になるよう色違いです。
受講者が多いためとても賑やかで楽しいひとときでした。

セミナー
ガーランド
寄せ植え

神戸大丸にてコンペ

投稿日: 2017年11月 13日 投稿者: 長谷川

11/13から神戸大丸にてコンペに出展しました。校長賞でした。
デパート内なのでシクラメン、ニゲルが萎れてしまいました。
18日夜、忘年会が開かれ少人数ですがとても楽しく過ごすことが出来ました。
朝8時に出発して15:30に神戸着。第二東名高速道路は広くて走り安かったです。
前回は夜走ったので景色が見えませんでしたが、
富士山も見えて旅行気分でした。

校長賞
富士山

ハーベストコンペ スペシャルフローラ賞

投稿日: 2017年10月 8日 投稿者: 長谷川

収穫祭ハーベストの作品がスペシャルフローラ賞を授賞しました。
同じダリアと秋色の植栽mのコンテナで同じテーマの鉢でハローインぽい感じで長谷川教室として出展しました。
一番左の鉢は長年探していた里芋のブラックで学名コロカシア、ブラックマジックといいます。
夢にまで見た此の里芋は園芸種で食べられませんがフォーカルポイントとなります。ずっと探していた里芋でやっと出会えました。
6年くらい前、宝塚ガーデンフィールズで見た植物です。ポール・スミザーデザインのガーデンです。
銅葉好きの方はきっと感動する植物です。

スペシャルフローラ賞

レディヒリンドン

投稿日: 2017年8月 30日 投稿者: 長谷川

レディヒリンドンが咲きました。
ティーローズで剣弁高芯咲きです。
(1917年)元をたどれば中国のチャイナ系ですから四季咲きの特性があり香りがティー系の香りです。
偶然、手に入れたバラです。此の春、西武ドームのコンペで茶色いものを探していたら、若芽と幹の色が気に入ってオベリスクに絡ませて出品下のですが、後で調べてもらったらレディーヒリンドンだったのです。
写真や本の知識で実際見たことがなくて感動しました。咲き方は花首が細く咲き進むと下方に垂れてさき花の中央が少し赤みかかっています。葉との調和がよく赴きがあります。

レディヒリンドン

畑仕事

投稿日: 2017年7月 9日 投稿者: 長谷川

暑いですね。
畑仕事が一段落しました。
仕事を辞めて半年が過ぎ、日々思うことは、あれしなくちゃ、これしなくちゃ、が今すぐ出来る事です。何十年も今度の休みにしよう、なんて思っているうちに忘れたりします。
じゃが芋が3/22に植えた物は6/22に収穫したのは小粒が多かったのですが、 4/22に植えて本日収穫したのは大きいのが多かったです。が収穫するのに暑すぎてバテバテ❗ 庭の植物もバテバテ。可哀想です。
これから2か月は日射しが強烈な日々が続きます。鉢は日陰に避難させました。

ジャガイモ
寄せ植え

深谷教室

投稿日: 2017年4月 23日 投稿者: 長谷川

深谷教室
23日の深谷教室では
キッチンガーデンを作りました。ハーブを中心に苺が可愛く前面に下がって、サラダリーフ美味しそうですね。
食卓にちょっと添えて楽しんでくださいね。

キッチンガーデン

熊谷教室

投稿日: 2017年2月 26日 投稿者: 高橋

熊谷教室
色とりどりの春の花のコンテナ。
ラナンキュラスとルピナスをメインにワスレナグサ、ネモフィラ、アリッサム、ビオラなど草花をたくさん使ってみました。たくさんの色を使った寄せ植えは配置がとても大事です。高さや特性も考えながらしっかりまとめました。
長谷川教室では形や色、種類や大きさの違う植物を使って一つのコンテナに景色を作ります。

春のコンテナ

福寿草が咲きました。

投稿日: 2017年2月 13日 投稿者: 長谷川

福寿草
我が家で毎年一番最初に咲く花です。スノードロップはまだです。蝋梅も紅梅も硬い蕾のまま。 しかと考えたら水分が足りないのに気が付き、温度、日差しだけではないのにきずきました。今月初め、この辺に福寿草があるはずと思い水やりしたら翌日蕾が上がってきたのです。クロッカスもみずやりをし様子を確認。翌日葉っぱの芽がでてきました。連日大風で乾いていたのだ。この福寿草は我が家の後継ぎのおばあちゃん86歳が子供の頃は桑畑にあったのを覚えている。私が嫁に来た年、桑畑を整理して福寿草を売ったことを聞きました。35年前です。何株かあったが夏の暑さで枯れて今最後の一株です。原種だから大切にしています。

福寿草

東京ドームコンペ

投稿日: 2017年2月 13日 投稿者: 長谷川

東京ドームコンペ
2月11日より蘭展のコンペに行って来ました。5年位行ってなかったと思います。何故いかなくなったか思い出しますと、この時期の蘭は限られていてどこのブースも同じ蘭の展示で見ても感動しないことです。今回は自身の出品もあり出かけました。

蘭展

阪急梅田コンペ

投稿日: 2017年2月 13日 投稿者: 長谷川

阪急梅田コンペ
1月4日より阪急梅田店にて展示 田島さん、梅沢さん私の出品で長谷川教室としてブースに展示しました。 暮れの29日から30日に作成し、元日夜、一路大阪へ2日は奥井様宅にて中心の大鉢を作り、3日に展示。去年より広いスペースです。4日オープニング。体験教室で少しお手伝い。 結果、教室でフロー賞いただき、田島さんスモール、梅沢さん校長賞でした。私は準スモールです。5鉢に同じ素材を使って作成して統一感を出したことと、植え込みの技術を評価されました。大鉢は坪で植え口が狭く苗があまり入らないので大変でした。今回は他の方やケイ先生の植込みがチュウーリップがメインと聞き、チュウーリップ以外で早春を表現することにしたので大変でした。

コンペ
コンペ

バラの冬支度

投稿日: 2016年12月 05日 投稿者: 長谷川

クリスマスリース
今年はバラの冬支度が11月よりできました。最後の剪定はマダムアルフレットキャリエールで去年あまり切り詰めなかったせいか返り咲いて、切れなかったので最後になってしまいました。今年は11月に雨が沢山降った事と、温暖化もあるようです。返り咲きは四季咲と違い気まぐれに咲くので思わぬプレゼントで感激です。去年の枝、今年の枝、その先の枝に咲いていて孫枝かしら。
本来ツルバラですが、はなのようすが和紙のように咲くと本にあったので、坪庭のメインに垂れるように仕立ててますがあくまでもバラで和には程遠いのです。日常の裂くばつとしたのを忘れる花姿はバラ好きの醍醐味。「何てきれいなの?」夕方の暗やみで疲れて休んでいる私を癒してくれる一時でした。

バラ
バラ剪定

11月深谷教室

投稿日: 2016年12月 03日 投稿者: 長谷川

クリスマスリース
クリスマスっぽっく見せるには、赤、緑、ゴールド、白、など、ツリーを手本にして作ってみました。下の部分には根が大きくポイントとなるシクラメンを。上に向かって軽くなるように苗を配置します。冬の庭は枯れ木など茶色の中で目立つ様にします。深谷教室のウインドに最近花がないので、散歩の方にリクエストされてしまいました。

クリスマスリース

11月熊谷教室

投稿日: 2016年11月 27日 投稿者: 高橋

初めてのレッスン
素敵な大鉢に冬の花の寄せ植えです。それぞれの色を引き立たせながらまとめる基本のレッスン。とてもバランスが良く仕上がりました。玄関が華やかになりますね。

初めての寄せ植え

ケイ先生より講評をいただきました

投稿日: 2016年10月 11日 投稿者: 長谷川

蓼科バラクラハーベストコンペ
「秋の色は寂しいイメージですがこんなに華やかな色ずかいが素晴らしく、ダリアの赤がポイントになって、植物が生き生きと入っている」。とのことでした。相川さんは「コルジで勢いがありそして立体感がでている」。田島さんは「可愛らしくまとまり、鉢との調和が取れて色ずかいがよい」とおっしゃられました。

ハーベスト作品講評

ハーベストコンペ作品作りに行ってきました。

投稿日: 2016年10月 1日 投稿者: 長谷川

蓼科バラクラハーベストコンペ
思っていた鉢よりおおきかったので急遽高さが必要になりノリウツギの紅葉し始めたのがあって、柿のオレンジ色に秋色で合うと思い、骨格が決まりました。鉢がアリスだから可愛い感じにしょうと最初の考えはまったくくつがえしてしまいました。秋色のテーマは可愛いは難しいですね。相川さん、田島さんもいいぐわいで出来上がりました。10/5から10日寄せ植えの芸術展でご覧ください。

ハーベストコンペ作品

秋のマスターセミナーへ行ってきました

投稿日: 2016年9月 18日 投稿者: 長谷川

秋のマスターセミナー
英国を代表する園芸家のスティーブン・アンダートン氏をお迎えしレクチャーが行われました。イギリスのウェールズ地方にお住まいで、広大な敷地のランドスケープとその植物の勉強をしました。イギリス特有の高原の美しさに感動、一人で手入れ、放し飼いの羊、ポニーのお世話もしていらっしゃるそうです。同じ英語でもウェールズ語は発音が違って通訳が大変のようでした。 実技のほうは私的に花より葉っぱ好きのようで、中心にダリアを入れないほうがお好みのようでした。日本人の感性をもっていらっしゃるのを感じました。 下の写真はセミナーで作った鉢です。

セミナー
寄せ植え

モザイクのように素敵な花壇

投稿日: 2016年6月 28日 投稿者: 長谷川

映画フラワーショウ
本日、植え込みに恵比寿に行って来ました。横浜のマスター4人とアンデイ、ケイ先生です。今回は映画配給会社の依頼で映画館の上から見る花壇です。モザイクのようでキレイです。

花壇
花壇

フラワーショウ作品。

投稿日: 2016年6月 18日 投稿者: 長谷川

barakuraフラワーショウグランプリいただきました。
いつも庭のはじっこで鎮座していたチューダーローズ柄の鉢、いつかこの鉢の模様の感じでお花いっぱいの植え込みをしたいなあって眺めていた鉢。ガーデンセンターに沢山のダリアがあって出品を諦めていたのに構想があれこれ浮かんでくるではありませんか。色は赤と白。 チューダーローズとはどんなバラ?赤と白の混合のバラで、イギリスのバラ戦争の時のお話です。長い間戦争を終結するため白色のバラの紋章の貴族と赤のバラの紋章の貴族の王子様とお姫様が結婚することで決着がついたそうな。新しい紋章が白と赤の混合の紋章。チューダーローズが誕生し、めでたしめでたし。ってお話。実際、現物は見たことがなくバラ図鑑やピーターさんのカタログでしか知りません。白の花びらのなかに赤が混じって可憐なバラです。銅葉好きの私は西洋ニワトコとメギは必須。赤は差し色程度に。鉢ひとつではもの足りずあと二個作って満足、17時完成。

受賞作品
グランプリ

埼玉深谷・熊谷教室

投稿日: 2016年5月 24日 投稿者: 長谷川

鴻巣市オープンガーデン
5月14、15日、21、22日開催されました。来場者は例年と同じくらいでした。4回目です。今年はデルフェニュウム、ジキタリスの名前を聞かれる事はありませんでした。フォスタ寒河江が3株入っていますが「こんなにも大きくするにはどんな肥料を使っているの」と聞かれ、寒河江だから大きいと説明するのが大変。毎回シンボルとして鉢を置いていますが、植えられた植物より鉢の大きさに驚かれていました。鉢に西洋ニワトコの花が咲いて珍しいので、しっかり名前を調べ準備したのに誰も気ずかないのが残念です。 銅葉好きは居ないようです。

鴻巣オープンガーデン
オープンガーデン

マスターセミナー

投稿日: 2016年2月 25日 投稿者: 長谷川

4月21日、22日2日間
天気も恵まれました。講師のイアンさんの熱心なバラの講義で60分のカリキュラムが足りないくらいでした。バラの剪定は種類別に実際の庭で教えていただきました。蓼科今切っても初夏まで2ヶ月あるので大丈夫だそうです。最後の実技では私の鉢が選ばれました。前回9月に引き続き2回めの入賞でした。とても嬉しかったです。出席マスターも久々の出席の方が多かったです。

マスターセミナー

埼玉深谷・熊谷教室

投稿日: 2016年3月 27日 投稿者: 高橋

埼玉長谷川教室
沢山の花苗を準備しました。ルピナスをメインにトラグ(箱型)のコンテナに挑戦です。基本の植え方は3パターン。レクチャーをしっかり受けてからそれぞれ考えて植え込みまた。「植える手」が違うと同じ苗を使ったのに表情がかわるのです。しっかり土をいれて春の豪華なコンテナが出来ました。

深谷教室
熊谷教室

蓼科バラクラ教室

投稿日: 2016年3月 18日 投稿者: 長谷川

オープンスクール蓼科
オープンスクールで蓼科に 行ってきました。天気もよく暖かなバラクラです。クロッカス、スノードロップ、が咲いていました。久々のケイ先生のレクチャーを受講です。ワイワイと楽しく過ごせました。

バラクラ
蓼科バラクラ

バラクラ埼玉マスター教室

投稿日: 2016年3月 10日 投稿者: 長谷川

三芳展示
三芳に1週間展示して帰って来ました。ちょうど見頃です。水やりするととても元気になり、少し暖かな日溜まりで皆さんに見ていただきたい瞬間です。でも、郵便やさんしか見てくれません。ミモザがこんなにも素敵なお花を咲かせるなんて、(大木だと上の方で咲いていますから)思いもしませんでした。ふわふわっとした黄色でパステルカラーで春色です。全体的にパステルカラーで引き締めのカラーがキンリュウバイの赤がほんの少し効いています。ルピナスは生産者から仕入れたもので植え込みの時は色が解らないのでピンクかな?紫色かな?って迷ってしまいましたが何とか正解に近く植えられました。

三芳展示
三芳展示
三芳展示

 

バラクラ埼玉マスター教室

投稿日: 2016年2月 28日 投稿者: 高橋

教室風景
今日はとても良い天気でした。あたたかな日差しの中熊谷教室は外のテーブルでラナンキュラスやサクラソウを使いコンテナ作成をしました。春らしい優しい色合いの作品が出来あがりました。

熊谷教室案内
教室作品

クロッカスが咲きました

投稿日: 2016年2月 13日 投稿者: 長谷川

春の便り
春一番の便りがきけるこのごろ、クロッカスが咲きました。去年より2日早いさきだしでした。今年初めてわかったことはクロッカスが一番早くかと思ったら、アネモネが1月から咲いていました。去年明治記念館に出品した。梅の足元に球根が残っていたのでしょう。2個めの花を咲かせていました。梅のはびこる根元の隙間から元気よく咲いています。日常の忙しさのなかで暖かな庭でほんわかしています。

クロッカス

明治記念館の展示

投稿日: 2016年2月 12日 投稿者: 長谷川

スペシャルフローラ賞を受賞
急遽出展が決まり、クリスマスローズが大阪の時より咲き進んでちょうど見頃で2月2日に作り直して夕方搬入しました。アネモネの苗は鴻巣の生産者(お花のオバチャン)のハウスに行ってゲットしました。植物達も元気で寒さに負けないぞと言わんばかりの姿です。1年ぶりの明治記念館。仕事が忙しいため見にこれないので、インドアの作品を見て帰りました。後日スペシャルフローラ賞を受賞していました。

明治記念館の展示

阪急梅田出展

投稿日: 2016年1月 17日 投稿者: 長谷川

クリスマスローズ
クリスマスローズを使ってブースをつくりました。5種のクリスマスローズを早春の植物と植え込み、サラマンダ3個にシルバーの葉2種です。 左側ピンク系で右側に向かってイエロ系になるよう鉢を配置、足元にウッテイチップを敷き詰めました。今の時期はシュラブが少なく高さかでないのでハンキングのスタンドを使いました。埼玉教室の皆さんは自分の作品のを作ってからの製作で1日で仕上げるため、無言で黙々と作業をした感じです。鉢が帰ってきて1ヶ月後に三芳サービスエリア展示までクリスマスローズが元気でいてくれればいいなと思います。

阪急梅田出展

正月から薔薇の剪定

投稿日: 2016年1月 2日 投稿者: 長谷川

今年も静かな剪定日和
アーチのつるサマースノーが台風でアーチごと倒れそのままアイアンだけ外したままでした。本数を減らしていたにもかかわらず、倒れたのでもう私の手におえないことがわかり、もっと寒い所でおとなしくしていてほしいので、長野県の原村へ疎開することになりました。鉢に植え替えようと準備していたら、サッカーが出ない種類なのに3本も出ているではありませんか!意外。掘り進んでいくうちに根がステムから腐って外れている太い根があります 。シャベルで叩くと中は空洞。ゴマダラカミキリ虫の幼虫が潜んで居るに違いない。そうだ、水攻めでやっつけよう。1週間水に浸けてみることにしました。ははん、サッカーが出るのは子孫を残したいから出したのでは。バラって生命力おおせいだからきっと再生してくれることに違いない。何年か前、バロンジロンドウランも再生したからサマースノーは大丈夫です。同じ穴にカーデナルリシュリュウを植えて終了

バラの選定

椿を使って新春のコンテナ

投稿日: 2015年12月 20日 投稿者: 長谷川

ケイ山田ガーデニングスクール埼玉長谷川教室
暖冬で落葉樹の葉が落ちきれない今年の12月この時期に、落葉してない緑色葉っぱがあるシュラブは常緑樹です。庭のなかに少しだけあったら、冬の庭も寂しくなくなります。今日のレクチャーは椿です。近年たくさんの品種が出回っています。英名はカメリヤジャポニカで日本原産でヨーロッパで品種改良されたものです。ヤブツバキです。茶道の冬の茶花に使われ、何もない冬の庭に春を待つ心がわかりますね。

熊谷教室
生徒作品

ケイ山田ガーデニングスクール埼玉長谷川教室

投稿日: 2015年10月 28日 投稿者: 高橋

10月25日 熊谷教室
今月は深紅のゼラニウムを使ったバスケット。どこにこのメインの花を入れるかで雰囲気が変わります。いつもよりかなり時間はかかりましたが試行錯誤をしながらそれぞれまとまったバスケットが出来上がりました。とても風の強い日で倒れるハプニングもありましたが出来栄えに満足し、ゆっくりティータイムで話も盛り上がり充実した午後のひとときとなりました。

熊谷教室
生徒作品

ケイ山田ガーデニングスクール埼玉長谷川教室

投稿日: 2015年9月 28日 投稿者: 高橋

9月26日の深谷教室・27日熊谷教室
9月の教室テーマは「ダリアで秋を彩る」です。ダリアはテンジクボタンとも呼ばれメキシコ及び中央アメリカの山地に分布する多年草。地下部は塊根です。最近では草丈が数メートルに達する種類もあり毎年新種が出ています。教室ではデコラティブ咲きのものと、銅葉のシングル咲きの小型の苗を使用。今回はケイ先生の植物チョイスです。枝垂れたスギナのような植物はゴマノハグサ科のルッセリア属。和名では花丁子といって紅色の筒状の花が咲いています。ハゲイトウ、観賞用トウガラシ、センニチコウなどを使用して、秋の風景をつくりました。

深谷教室
寄せ植え生徒作品
熊谷教室
バラクラふうの寄せ植え

マスターセミナー

投稿日: 2015年9月 16日 投稿者: 長谷川

「マスターセミナー」
2日目のレクチャーで「トレンドで品格のある上品なコンテナ」をテーマにアッシュの鉢に植え込み、3人の入賞作に選ばれました。 アッシュの鉢の成功のコツは、植物の色が限定されてしまうことです、ローズ系ピンク系の色をブラックとシルバーリースに合わせ、小さいけど大変でした。1日目の鉢はクルヌスイエローで幹の色が冬の植え込みに使えるのでゲット。マスターのかたには半年ぶりでお逢いしてとても楽しく過ごせました。皆さんやりくりして参加していらっしゃいますね。お疲れ様でした。

寄せ植え

「銀座十字屋」

投稿日: 2015年9月 15日 投稿者: 高橋

「本番の展示です」
埼玉長谷川マスター教室ではテラコッタに秋の植物を植え込みしました。的確なマスターのアドバイスをもとに当初考えていた鉢のレイアウトとは違ってしまいましたが、自由に楽しく作れたので大変勉強になり満足した作品となりました。会場へ行けなかったのがとても残念です。

埼玉教室寄せ植え展示

「銀座十字屋の展示」

投稿日: 2015年9月 10日 投稿者: 長谷川

「銀座十字屋の展示」
9月5日作品作りに蓼科に鉢を持って行きました。テラスに置く秋の植物でアウトドア。2メートルの長さが解ったのが1週間前です。生徒さん含め3人で作りました。出来上がって鉢の位置を決める時は、アンディさんの助言もあり決まりました。当日の展示に誰もいけなかったのが残念です。

秋の寄せ植え

最高記録気温

投稿日: 2015年9月 06日 投稿者: 長谷川

最高記録!!!
今年の暑さは最高でわが家のコンクリートの庭は45度を記録しました。強いゲラニュウム(アケボノフウロウ)が半分かれてました。日影に避難した鉢はどうにか生き伸び、フラワーショウ後、2ヶ月半たった今日、自然に生育した姿はコンペで作る鉢と少し違います。この様に自然に植え込みができたらいいのになーって思っております。

夏の寄せ植え

ハンギングバスケットつくりました

投稿日: 2015年8月 30日 投稿者: 長谷川

雨の中テントを張って・・・。
毎日天気が悪く、もう秋の長雨ですって?友人に頼まれたハンキングを久々につくりました。小雨ですからテントを張って準備。半年ぶりかしら。苗を買うときに位置を決めていたので、まずは赤のバスケット。すぐに着手、作り始めるとなんと楽しい。上部がいつも決まらないのにピタッと決まって、あー楽しい。2個目ローズ系もピタッと決まって感激??午後からインドアに初めて挑戦。苗が大きいのでかなり大きいバスケットになりました。冬まで外に置けるインドア。

ハンギングバスケット

8月22日深谷校とバラクラキャンドルナイト

投稿日: 2015年8月 23日 投稿者: 高橋

22日の深谷校はトロピカルなコンテナガーデン。
つぼみがたくさんあるハイビスカスをメインにハゲイトウ・コンロンカ・ニコチリア等を使用。コルジリネ葉の間からチラッと見え隠れする手法を学びました。
教室後はバラクライングリッシュガーデンのキャンドルナイトへ!毎年行われる夏のこのイベントはガーデンで音楽やお食事を満喫でき、キャンドルで夜のガーデンが照らされてとても幻想的です。

深谷教室
キャンドルナイト
バラクラ

7月25日深谷校 26日熊谷校

投稿日: 2015年7月 27日 投稿者: 高橋

深谷校:植物選びから始める観葉植物の寄せ植え。熊谷校:ハーブを使った夏のコンテナ。
猛暑の二日間でした。深谷校は各自が選ぶ観葉植物の寄せ植えです。午前中は植物選びでガーデンセンターへ。この日は38度!!熱帯植物園見学のような状態で、汗・汗・汗。一時間以上かけてそれぞれ鉢と植物を選ぶところから教室が始まります。
熊谷校では暑さに強く育てやすいハーブを使った寄せ植えを行いました。オレンジのエキナセアを中心にローズマリーやタイム、カラミンサの白い小花が黒い観賞用トウガラシの隙間からのぞいてさわやかな寄せ植えができました。ハーブの香りで少し暑さもしのげましたよ。

深谷教室
観葉植物の寄せ植え教室
熊谷教室

7月4日 蓼科へ行って来ました。

投稿日: 2015年7月 8日 投稿者: 長谷川

蓼科バラクラ。
蓼科に行って来ました。偶然、「安奈 淳ピアノ弾き語り&トーク」を見ることがで来ました。ファンクラブの黄色い声援もあり大変盛り上がりました。バラは遅咲きのドロシーパーキンスが咲き始めでした。車にサラマンダ2個と植物、生徒さんの鉢3個詰めて帰途につきました。翌日、モグラ騒ぎの植物ともって帰った植物の植え替えで1日中奮闘。やりきれなくて来週回しです。 今、家の庭木の剪定時期ですが、やる気になっている主人に紅葉、椿、梅をお願いして(時々、サッパリしたね、きれいだね)と誉め称えたり、チェンソーの使い方を教えたり。紅葉はカミキリ虫が幹に穴を開けておかくずを落としていました。もう枯れますね。バラと同じでした。もう2本めです。残念。

安奈淳ピアノ

6月27日 深谷校

投稿日: 2015年6月 27日 投稿者: 高橋

シェードの寄せ植え。
7月後半には梅雨も明け、厳しい夏の暑さがやってきます。人間だけでなく、高温過湿は植物も苦手なので特に高温に弱い植物の管理には注意しましょう。水やりは涼しい朝か夕方に行ってください。梅雨時に徒長してしまった草花や、混み合ってしまった植物は切り戻して風通しをよくすれば、蒸散量が減り暑さ対策になります。
さて、本日の教室のテーマはシェードです。涼しそうで、シックな寄せ植えが出来ました。
半日陰を好む植物は光を短時間で多く集めるために葉が薄くて大きいのが特徴です。過湿を好みそうですが、種類によっては乾燥に強い植物もあります。直射日光で、葉やけをおこすので夏の強い日差しや西日はなるべく避けて育てましょう。

シェードの寄せ植え
教室作品

土竜(もぐら)

投稿日: 2015年6月 21日 作成者: 長谷川

会社に何でも知っている昆虫博士に聞きました。
「モグラって何食べているのかしら」「ミミズだよ」それを聞いた回りの人達がなぜかクスクスわらっていました、なぜ笑っているかあとで聞いたら、そのかたのあだ名がモグラでした。その時は笑いでおわりましたが明日は我が身。大変、花壇のへりの土がずっと盛り上がってこぼれでているではありませんか!!何、モグラ?花壇中の土が盛り上がっていて隙間という隙間にモグラの通った跡、絶句。足で踏んで萎れた植物の応急処置。翌日、また同じ様に土が盛り上がって足で踏んでみました。今度は大きい鉢を覗くと鉢の中まで浸入した様子。浸入経路を見ると鉢にのって降りた感じです。あの重たいアーンの鉢が傾いているではありませんか。生け捕りしたいがモグラの天敵を知りません。昔聞いた事でナフタリンの匂いが嫌いらしい。ホームセンターで何か退治する物を探しました。ありました。ナフタリンのようなもので臭いで追い払うものでした。とりあえず動かせないダリア、バラ、強いシュラフブ以外、この春植えた植物を鉢に避難させました。雨なのでテントで作業。錠剤を30センチ間隔で20センチの深さで出口はふさがない。モグラ君出ていって下さい・・・・・
本日で2日がたちました。土を掘って通った跡がないようです。薬の効果かも、出口はぐるぐる回る風車でふさがないと、効き目はそうながくないようです。少し安心。

もぐら退治
もぐら退治2
もぐら

蓼科バラクラフラワーショー2015

投稿日: 2015年6月 18日 作成者: 長谷川

ジム・キーリングさんのレクチャー。
イギリスのウエッチフォードポタリーのジムさんのレクチャー2講座と実技を受講しました。2月の明治記念館での作品を見ていただきました。一言「プリティ」。うれうしかったです。私の作品の講評もお願いして、ブルーのアジサイがサラマンダーのゴールドの色ととっても合うとおっしゃっていただき間違っていなかったと感動してしまいました。私のこだわりに賛同して頂き嬉しく、参加してよかったと思いました。20人の生徒さんでは講評とサインを待つのが大変でしたが、快く承諾いただきあっちこっちに大忙しでした。校長とケイ先生とみんなで集合写真をとりました。

 
バラクラフラワーショー

蓼科バラクラフラワーショー2015

投稿日: 2015年6月 15日 作成者: 長谷川

フラワーショーでレクチャー。
ケイ先生のレクチャー2講座と実技を受講しました。今回のコンペ作品の講評もお願いして有意義にすごせました。前回まではレット系、ピンク系の花の使い方などごちゃ混ぜでもゴールドをとれたけど前回のマスター講座での色の統一をかなり重視していることを感じました。

 
バラクラフラワーショー
レクチャー作品

蓼科バラクラフラワーショー

投稿日: 2015年6月 9日 作成者: 長谷川

作品作り。
フラワーショウコンペの作品制作で蓼科に鉢2個、植物をもって行ってきました。10時に着いて6時まで休まず悩まず作ると2個できますね。サニーとシェードです。マスターの皆さん、熱心に賑やかで、前回の2人っきりより楽しかったですね。1日でつくる人に2泊3日で作る人、色々ですね。楽しいか苦しいか、出来上がったら後悔するか満足か。評価はどうでもよくなるくらい疲れて、投げ出したくなります。完成してあー終った! それがコンテナガーデンの醍醐味かもしれません。

 
シェードガーデン

バラの季節

投稿日: 2015年5月 23日 作成者: 長谷川

生き返ったバラ。
3年前、ゴマダラカミキリムシにやられてしまったコンスタンスサプライが、一部サッカーで伸びた苗が生き延びて、2年目でこの高さになりました。このバラはデビットオースチンが初めて世に出したばらで扱いやすく風情がある花姿です。花が終わると自分で花びらを落とし地面一杯ピンクに染まります。クレマチスのプリンセスダイアナがバラの花後に咲きます。
アンジェラ
枝を更新したアンジェラが咲きました。この色はやっぱり私の庭には会わないので、道行く人に見ていただきます。ツゲの木が見えないほど元気、3年に1回の枝の更新の結果でした。

今日の教室はスタンダード仕立てのバラを使った寄せ植え。かわいらしいイメージで。同じ素材を使っても鉢や植える位置でそれぞれ雰囲気が変わりました。

 
バラの花
バラの寄せ植え

連休空け9、10日国バラ会場のサポーターに行ってきました。

投稿日: 2015年5月 11日 作成者: 長谷川

連休空け9、10日国バラ会場のサポーターに行ってきました。
オールドローズずくしの庭でアーチに絡めるバラはトレリスからはずすのが大変で枝や蕾がおれたりしないよう慎重にはずしてアーチに設置、 本当に自然に咲いたようにするのは大変です。
バラの薫りや花姿に感動しつつ、名前は知っているが実際に見るのは初めてというバラ達に囲まれてとても幸せでした。
現代バラでは花の質感、葉の色が全く違うのがこの会場で認識できます。 そしてバラを引き立たせるプランツ達の設置は自分の庭のフォーカルポイントの参考になります。ガゼボの鉢は私が作りました。
ゼラニューム3種です

 
オールドローズずくしの庭でアーチに絡めるバラ
オールドローズずくしの庭でアーチに絡めるバラ
ガゼボの鉢

ケイ山田のモットー

投稿日: 2015年4月 18日 作成者: 長谷川

ナチュラルであること。
何気なく足元に咲く原種チューリップ。
色違いの同種のチューリップの隣に移したと思っていたが少し残ってムスカリと回りのグレイ系の葉が花色に合ってコンクリートのグレイと似合いますね。
チューリップの花の大きさ。
花の高さの違い、自然に咲く植物はこのようにさいています。コンテナに表現する時に参考になりますね。
この場所は明るい日影で朝日だけ当たり、日中日影で軒先なので雨があたらず乾燥です。
だからローズマリーの鉢を置いています。
取り残された球根が乾燥していても時期が来れば花を咲かせ私を喜ばせてくれます。

 
ナチュラルガーデン

ベルゲニア(ヒマラヤユキノシタ)

投稿日: 2015年3月 18日 作成者: 長谷川

アスファルトの切れ目、日当たり抜群、多分午後は日影
サンゴジュの足元、ユキノシタの仲間ですが、じめじめした日影にいるユキノシタでなく、
乾燥、日当たりが好きです。イギリスのベスチャートさんの庭の入り口の乾燥エリアに大株でありました。
ケイ先生が名前が出てこなくて、皆で考えると私が思い出して、(ベルゲニア)ヒマラヤユキノシタ。
巷では忘れられたような場所にいて今の時期に開花して、こんな花が咲くんだと思われているかわいそうな植物です。
夏の間に日の当たる場所いたら秋に紅葉して綺麗です。
何年か前、秋のコンペに宮川Drがヒメツルソバとお使いになったのを覚えています。
この場所がベルゲニアにとって最高の場所だった。人の手をかりず生きつずける植物、私はけなげで大好きです。

 
ヒマラヤユキノシタberugenia

ところを得る。

投稿日: 2015年03月17日 作成者: 長谷川

コンペから帰った植物たちのなかでクリスマスローズは翌年は出てこなかったのですが、
去年恵比須から帰ってきてハナミズキの足元に定植、今年みごとに咲きました。
夏の日射し、秋の肥料、冬の日射し、水やり、土のphなど全て会っていたのでしょう。
肥料以外は何もしていません。ところを得たのでしょう。
もうひとつ、ところを得たクリスマスローズ、
10年前、ダブルが初めて世にでてとても高価で悩んで買ったクリスマスローズ。
深大寺植物園でバラ園がつまらないので(ハイブリットだけ)クリスマスローズ展を見物して見つけたのです。
6000円でした。姉と母が止めるのをきかず、清水寺の舞台から飛び降りたつもりで購入。
今思えば正解でした。可憐な花姿は、毎年私を喜ばしてくれるクリスマスローズです。
次はオーブリエ。ずっとサラマンダの前に鎮座しています。
葉がふいりのもありますが、冬のマイナス3度でも乾燥していても、
夏の酷暑でも、これだけがサラマンダにいます。今月にはいって花が咲きました。
冬枯れの花壇のグランドカバーにお奨めです。
ケイ先生のお話でバラクラが輸入した植物の中にオーブリエがあったそうです。
25年前は日本にはなかったそうです。
ちなみにふいりの方は花色がうすい藤色です。こちらはやさしい紫です。

ピンククリスマスローズ
白クリスマスローズ
オーブリエ

赤を上手に使おう。

投稿日: 2015年03月17日 作成者: 長谷川

今日、庭で赤いものが目に入り、何?
よーくみると藪の中にツバキが咲いていました。
赤って目を引く色ですね。
熊谷校に三芳から帰った鉢を作り直しして展示しました。
全体的にダークな色合いで黒のサラマンダ(鉢)。
1本のツバキの赤が効いています。
コンテナはエンターテイメント。その場所の主役です。
何これ?って見てくれる鉢をつくりたいですね。
庭で何か足りないとき、少々の赤が重宝します。

庭の赤い椿
コンテナ熊谷教室

関越自動車道上り三芳サービスエリア。

投稿日: 2015年02月18日 作成者: 高橋

明治記念館よりかえった鉢たちがリニューアル展示中。
「ケイ山田ガーデニングスクール埼玉教室」のコンテナガーデンが
新たに大きな3作品をプラスしてサービスエリア上り方面店舗入口で大迫力のおもてなし。
3月3日まで展示しております。ぜひお立ち寄りください。

ケイ山田ガーデニングスクール埼玉教室
ケイ山田ガーデニングスクール埼玉教室

植物の不思議

投稿日: 2015年2月 17日 作成者: 長谷川

こんな話知ってますか。「冬至10日は日がすわる」
冬至から十日も過ぎ、今では夕方5時で明るいのに気づきませんか?
日が少しずつ伸びていることに植物は反応します。
気温もひとつの要因ですが光ですね。
日が伸びて花を咲かせる植物を長日植物といい、
反対に日が短くなって咲く植物を短日植物といいます。
気温による球根の休眠打破の話も以前しましたが、
ガーデニングはロマンではなく科学です。

私は、霜で持ち上げられた土の間から顔をだして
クロッカス やスノードロップが咲きだしたから、もうすぐ春!
なんてロマンのほうが好きですが・・・。

クロッカス

明治記念館賞

投稿日: 2015年2月 06日 作成者: 長谷川

2015年バラクラ第1回コンペ、イン明治記念館。
ウィッチフォードの鉢を並べていつかコンペ作品にしたいと思っていました。
その機会がついにやってきました。鉢の配置等、綿密な打ち合わせをして、
5名の生徒さんは赤のチューリップを主材に作ることになりました。
球根は植え直しが出来ないのでかなり苦戦。
植える苗が同じでも「手」が違うと5種類の鉢ができます。
私と高橋さんは次の日に作成。主材は黄色いチューリップとスタンドハンキング。
朝から夜までもくもく作り、出来上がって並べてみて感激!
赤のチューリップが5線の音符のように見えてまるでオーケストラのコンサート会場のよう。
楽しい!7人だから弦楽7重奏?娘にそんなのないよと冷たく言われ・・。命名は「早春のオーケストラ」。
由緒ある明治記念館で館長賞を受賞いたしました。これを機にまた挑戦したいと思います。

コンテナガーデン

今年の初教室

投稿日: 2015年1月 12日 作成者: 高橋

ビオラだけのハンギングバスケット。
1月10日(日)深谷教室です。
ビオラは花付きがよく冬のハンギングには欠かせない植物です。
秋から春までずっと咲いてくれるので、ハボタンと並ぶ冬の主役です。
種を作ってしまうと花数が減るので、こまめに花がら摘みをして春まで楽しみましょう。

ビオラのハンギング

新年明けましておめでとうございます。

投稿日: 2015年1月 5日 作成者: 長谷川

新年早々ですが、ゆっくりできるのは今しかありません。何故かというと
外に出られる日が少ない事(赤城降ろしの空っ風)、1月末より明治記念館のコンペに向けての準備
がある事です。12月中にすませておけばよかったバラの剪定が後回しになってしまったのです。
そう、正月早々剪定です。2日の日、朝から無風状態でチャンス到来。まずは去年倒れてしまった
サマースノーのアーチからやっつけます。もったいない、可哀そうで枝の数をそのままにしていた結果
アーチの上部が重くなり耐え切れなくなりアーチが折れてしまいました。思い切って太い枝を2本に、
今年のシュート1本の新顔君、最初からの古株君にリタイヤを宣告。鉛筆より細い枝を切る。で一輪車
いっぱいの枝でした。春から出る枝に咲くので毎年この本数で良いかしら・・・・・・

ばらの話

入口の柊に絡まった「アンジェラさん」。

投稿日: 2015年1月 5日 作成者: 長谷川

手に負えないくらい繁茂してしまうジャジャウマさん。
花色がちょっと異質で他の植物達と合わない異端児。日陰で寒い西側に移動。ジャジャ馬
だけど少しは繁茂が落ち着くかな!2年たっても今まで以上に。柊の枝の間からにょきにょき
ブ太いシュート伸ばしすぎ。
日陰なので花数が少ない、フロリバンダ系の房咲きにはなりませんでした。
写真左:アンジェラ   写真右:ローズ・ドゥ・レシュ

バラの話

★ バラの名前を覚えられない方、私流に覚えるといいかもしれません。

投稿日: 2015年1月 5日 作成者: 長谷川

マダム・アルフレットゥ・キャリエール : キャリエールおばさん
アイスバーグ(ドイツ産) : 冷たいハンバーグ
マダム・イザアック・ペレール : イザアックおばさん
ギスレヌ・デゥ・フェリゴンドゥ : ゴンドウさん なーんてね!

★ながーいお名前は、植え替え、剪定、開花の時ブツブツと声を出してとなえる。
スベニール・デユー・ドクトルジャーマン、チャルズ・レーニィ・マッキントッシュ、
ウェンチェスター・キャセドラル、フランソア・ジュランブィル、
バリエガータ・ボローニャ、ウイリアム・シェークスピア2000、
コンスタンス・サプライ
★ 短いお名前ですが覚えにくい。
ローズ・ドゥ・レシュ、バロン・ジロ・ドゥ・ラン・・・etc


柊(ひいらぎ)流通名クリスマスホーリー

投稿日: 2014年12月 17日 作成者: 長谷川

赤い実のついた植物。
日本のヒイラギは葉にトゲがあるので魔除けとして門の側や玄関先に植える風習があります。
沈丁花に似た小さい白い花を咲かせとっても良い香りが玄関先に漂い冬の到来を知らせてくれます。
ただし少々難あり。剪定した葉が腐葉土に出来ないこと、枯れてもトゲが鋭く危ないのです。
我が家では5本の大木の剪定はブルーシートを挽いてバラ用革手袋をして作業します。
5本のうち花が咲くのは2本だけです。
深谷校のホーリーは夏に深くその年に伸びた枝だけ剪定すればシュラブとして使えます。
くれぐれも放任しないこと巨木化します。

深谷教室

12月14日熊谷教室

投稿日: 2014年12月 16日 作成者: 長谷川

初めてのレッスン!
初心者のかたで玄関に置くコンテナを作りました。
沢山のパンジーとビオラ、ストックとを植え込み、
色の流れをレクチャーしました。帰宅後、玄関に置き写メを送って頂きました。

熊谷教室

12月13日深谷教室

投稿日: 2014年12月 16日 作成者: 長谷川

クリスマスホーリーとパンジー、ビオラ、チェッカーベリーでクリスマスっぽく植え込みました
パンジーとビオラはホーリーの赤い実のが目立つような色を足元に植えました。
皆さんパンジービオラが足りないので追加。あふれんばかりのコンテナに仕上がりました。
チェッカーベリーも植えこみました。

深谷教室

ロングランの寄せ植え!

投稿日: 2014年12月 7日 作成者: 高橋

10月初め熊谷教室で寄せ植えしたコンテナです。サンタさんはかぼちゃの上に座ってます!
ケイ山田ガーデニングスクールの寄せ植えは多くの植物をコンテナに植え込みます。
植物がうまく育たないのでは?と思いませんか?
ご心配なく!スクールでは、植えた時から数か月間ずっと綺麗に保つ寄せ植えができます。
イギリスではじまったハンギングバスケットもたくさんの植物を植え込んで育てますね。
大切なのは、植物の特性と環境を知ること。土の違い。あとはちょっとした植え方のコツなんです。
このダリアは霜にあたらなければまだまだ咲きつづけます。

長く楽しむコンテナ

11月8日深谷教室

投稿日: 2014年11月 9日 作成者: 長谷川

本日のテーマは2つの季節を咲き継ぐガーデン(ダブルデッキ)です。
ダブルデッキとはコンテナの中に春咲き球根をしのばせて植え込んで冬から春まで楽しむ植え方です。
上部の植栽は初冬~早春~初夏まで咲きつぐように、今回は、ビオラ、ストック、クリスマスローズニゲル、ガーデンシクラメン、アメリカイワナンテンを植えました。
球根はチューリップ、ムスカリです。ムスカリは3月。チューリップは4月頃の開花予定です。
4月まで咲きつづくビオラが足元に咲いてチューチップの間にムスカリが咲くことを思い描き植え込みます。ムスカリは最後に一番上の苗の間に、頭が見える位に浅植えします。深植えをすると葉が伸びてしまいます。
シクラメン、クリスマスローズニゲル、などは花が終わるころ抜き取り地植えにしておいて、苗との間隔を少しあけて球根のでるのを待ちましょう。

季節の寄せ植え

球根の話

投稿日: 2014年11月 9日 作成者: 長谷川

コンテナに土を半分くらい入れます。
チューリップの球根は鉢の中で並べないで、
両手でポーンと投げ入れます。ハールヨコイ、ハーヤクコイなんて思いながら、
逆さまになった球根をその位置で上向きにして植えてみてください。
そうすると自然な位置で咲いてくれます。
1個だけ離れたとこに落ちたりして思いがけない雰囲気になります。
お庭でもポーンと投げたほうか素敵に咲いてくれるのでおためしください。

季節の寄せ植え

球根はいつ咲くの?

投稿日: 2014年11月 9日 作成者: 長谷川

球根は、気温で休眠打破(休眠打破とは字のごとく休眠しているのをやめて動きだすことです)がおきて芽がでてきます。
それぞれ種類によって違いがあります。
埼玉では10℃以下で2月にクロッカス、福寿草、スノードロップ

庭に咲く福寿草

10℃~15℃になる3月頃にムスカリ,原種リューリップ、水仙などが咲きだします。
15℃~20℃でやっと4月頃にチューリップが咲きます。 
コンテナを置く場所や球根の深さ、気温によって少しだけ(半月位)早めたりできます。最近では冷蔵庫に入れた後加温して咲かせることもあるようです。
同じ植物を寄せ植えしても、それぞれ違った雰囲気で出来上がります。生徒さんの作品、それぞれ個性があって素敵にできました。春が楽しみですね。

生徒さん寄せ植え作品

アウトドアグランプリとロイヤルマリンズバンド賞を頂きました。

投稿日: 2014年10月14日 作成者: 長谷川

10月8日から開催中のバラクラ収穫祭典。
同時開催のコンテナガーデンコンペーションに出品するために高橋マスターと蓼科に行って来ました。
スタンド型ハンギングと鉢の大きさを吟味したら持っていった鉢では合わなくなり変更。
ハンギングから作り始めたら、なんと楽しい!
「ハンギング作るの嫌いって言ってたじゃないですか!」と高橋マスター。
私はルンルン!!高橋マスターの鉢に助言もしないで、ひたすら作成。3個も作成。
アウトドアグランプリとロイヤルマリンズバンド賞をいただきました。

グランプリ作品写真

ケイ山田ガーデニングスクール埼玉教室

投稿日: 2014年10月14日 作成者: 長谷川

埼玉県深谷、熊谷、鴻巣で季節の植物の寄せ植え教室が行われました。見学を歓迎いたします。

教室風景

Copyright c bullhouse-art All Rights Reserved.